住宅ローンの種類には、さまざまあります。

私も新築 武蔵村山市 住宅ローンや、新築 神奈川市 住宅ローンなどで昔よく調べたものです。

さて、分譲住宅や建売住宅を購入をする際に利用する住宅ローンには、「民間融資」「公的融資」「協調融資」と大きく分けて3つの種類があります。

ここでは、それぞれの特徴について解説します。まずは、分譲住宅や建売住宅を購入する前に、基礎知識として学んでおきましょう。

民間融資

民間融資とは、主に銀行が行っている住宅ローンのことを指します。銀行によりサービスや借り入れの条件は若干異なりますが、一般的な借り入れの条件としては、20歳以上70歳まで、同一勤務先に3年以上の勤務年数があるなどがあります。このタイプの融資は種類が多いので、自分に合ったものを見つけることができます。

公的融資

公的融資は、国や自治体が行っている住宅ローンのことです。

住宅金融支援機構融資、自治体住宅融資、財形住宅融資などの複数の公的融資があります。

このタイプの融資は、税金を滞納していないことや財形貯蓄残高が50万円以上あることなど、いくつかの条件が設けられています。

他のタイプに比べて借り入れる条件が少し厳しく設定されていますが、その分金利が低く設定されています。

協調融資

協調融資は、住宅金融支援機構と民間の金融機関が共同で行っている住宅ローンのことを指します。

金利が一定なので、借り入れから返済が完了するまで利息の額が変動することはありません。

しかし、この融資は一定の基準を満たす建築や住宅などにしか適用されないので、申込者に少し制限がかかります。

このように、住宅ローンの種類によって借り入れ条件は異なります。

分譲住宅や建売住宅の購入後、無理のない返済計画でローンを返していくためにも、前もって各ローンの条件を把握しておきましょう。

金利とは?

金利とは、住宅ローンを借り入れたときから発生する利息のことをいいます。

この利息の額は金利のタイプによって異なります。金利のタイプには、「変動型」と「固定金利型」の2種類があり、これらにはそれぞれ独自の特徴があります。

どのタイプを選ぶかによって分譲住宅や建売住宅を購入した後の返済計画も変わってくるので、しっかり把握しておきましょう。

変動型
変動型は、完済までの間に金利の利率が変動するタイプのことを指します。

市場の状況によって利息額が上がることもありますが、借り入れたときよりも利率が低くなることもあります。元々固定金利型よりも金利の利率が低く設定されているので、利息額の負担を抑えることができます。

固定金利型
固定金利型とは、変動型と違って金利の利率が一定であることが特徴です。
利息額が変わることがないので、完済までの計画が立てやすいという特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です