喪服の意味について。喪服とは何?

喪服は、黒や薄墨色が一般的ですが、和服の場合、喪主と喪主の配偶者が白を着用することもあります。赤などの派手な色はふさわしくないとされています。なお、喪主の家族・親族または会葬者で学生・子供などがいる場合、学校などの制服がある場合は、その制服を着用することが多いです。

また、喪服は、黒色の濃い礼服やスーツ、ワンピース・ツーピースです。最近では、略礼服であるブラックスーツを喪服と呼ぶ人も増えてきました。

また、官公庁職員等の葬儀で規模の大きい参列の場合、同僚等は喪服の代わりに制服を着用して参列する事が多いです。

本来喪服とは、遺族が喪に服しているということを意味するものです。こちらには、正式と略式と呼ばれるものがあり、親族は正式のものを着用します。

本来、通夜は平服で行くものとされていましたが、最近は、告別式に行けない人が、通夜に弔問する場合が増えてきており、喪服で弔問する人が増えています。

通夜や葬儀の服装は、個人の死をいたむ気持ちを表すものですので、カジュアルな服装、華美な服装や、肌の露出が大きい服装は避けたいものです。

女性の服装は、黒、濃紺など地味な色のワンピースやツーピースの方が多く見られます。化粧は控えめに、髪もできるだけシンプルにまとめましょう。また、アクセサリー類は、結婚指輪以外は基本的にはつけない方がよいでしょう。しかし、イヤリングかパールのネックレスかどちらか片方はつけてよいとされています。

男性の服装は、ブラックスーツの方が多く見られます。ダブルは重なることを暗示するため避けたほうがよいという場合もあります。最近では、ダブルでもシングルでも構いません。職場などから平服で出かける場合も、ネクタイは黒か地味な色のものが好ましいです。男性も、結婚指輪の他、時計など実用的な物以外は、外しておいた方がよいでしょう。

急に喪服が必要になった場合に、手配が間に合わないというケースもあります。その時には、近くの貸衣装店などでも喪服のレンタルを行なっていますので、利用するのも良いでしょう。

礼服とは?
スーツを着用する機会には、「ビジネス」「冠婚葬祭」と大きく分けて2つの種類があります。そして、年齢を追うごとに増えていくのが、結婚式や葬式。着用するスーツも、礼服と呼ばれる服になります。

礼服は、お葬式、結婚式、入学式、式典など、冠婚葬祭全般で着用することができるフォーマルウェアです。ブラックフォーマルは、冠婚葬祭の「葬」である弔事用・喪服と考えるのが一般的です。礼服はビジネスシーンでは使われず、スーツの代用として着ることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です