バッグのクリーニング料金はどのぐらい?

バッグ、お店、料金もいろいろです。

バッグのクリーニング料金を考えるまえに、バッグを購入する価格を考えてみてください。
普通のバッグで数千円から、高価なブランドバッグでは数十万、数百万円まであります。

また、バッグを構成する素材についても革、合成皮革、布、ナイロン、スエード等様々な素材が使われています。さらに、デザインや大きさ、形状、使用用途も違います。さらにバッグを使う一人一人で、付着しているシミや汚れの度合いが違ってきます。

また、クリーニング店によってもクリーニングの技術や方法、作業時間、サービス内容等も異なります。

バッグクリーニング料金は、とても差があります。各お店でもバッグ毎に料金設定の幅があるので、
まずは、各お店の料金システムを把握しましょう。

業者は、クリーニングの基本となる洗い方の中で、各店が技術の向上に努めていいます。例えば、シミ抜き作業が必要でしたら、時間と技術が必要です。色かけをする場合も同じです。

またスタッフ教育など接客業としてのサービス向上に対する努力もしています。
しかし、その熱意の差で、長い間に技術や質の格差が生じています。

つまり、サービス業務に力をいれる、技術や設備にコストをかける、しみ抜きの特殊技術の習得に費用をかける等の、コストをどのようにかけているかにより、クリーニング料金の差が出ているのです。

また、クリーニング料金が極端に安いサービスは、本来行なうべき作業を単純化し、作業に費やすコストを最小限に留めることで、実現している価格です。

お店を選ぶ時は、これらの事を考えて検討してみてください。

バッグクリーニング料金を比べるポイントは、まず、料金表を見るうえで、自分のバッグを確認しましょう。

エルメス・グッチ・シャネル・ルイヴィトン・コーチ等のブランドや商品価格によって、ランク分けしているお店は多く、ノーブランドでもクリーニングうぃ受け付けてくれます。

縦×横×高さ(センチ)やA4・B5・A3などの区分で料金分けもされています。
バッグといっても、ポーチタイプの小さなバッグからゴルフバッグ、ボストンバッグ等幅は様々です。

バッグを構成する素材は様々で、一般的な素材で、表革・合成皮革・スエード・布・ナイロン・ビニールなどがあり、それぞれがコンビになっていたり、部分使いになっていたりします。クリーニングする際に、素材の違いによって洗浄方法も変わってくるので料金差が出ます。

バッグは様々な環境で使用されたり、保管されたりします。

付着する汚れやシミの度合いも違いますし、時間経過の有無によってもクリーニング作業が変わってきます。衣類クリーニングもそうですが、シミ・汚れが付着してから早い段階や繊維等に浸透していなければ、汚れは比較的簡単に取れます。

しかし、時間が経過し、染み付いてしまったもの、日焼け・色あせ・カビ等の変色等は、通常の洗浄では落ちなくなってしまいます。

バッグクリーニングにおいては、それぞれの状態に合う最適なクリーニング作業をして修復していきますので、時間・技術・経験等の料金が加わってきます。クリーニング以外にも、ブランドバックをレンタルできる、ブランドバックのレンタルも検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です