遺品整理と相続の関係について。

遺品整理と相続の関係を理解しておきましょう。

もし、あなたが相続放棄をするならば、注意しなければならないことがあります。
相続に関しての知識がないと、遺品整理をする場合に「まさか」という事態になるかもしれません。

親族が死亡したときに、場合によったら故人の遺産を相続したくない場面もありますが、そのときに注意が必要です。

法律のことを知らずに、簡単に遺品整理をすると相続放棄をしたくても、それが認められないこともあります。

なぜならば、それは、民法の条文に関係してきます。そこには「相続する財産の全部または一部を処分した場合に、相続放棄が認められない」と決められているからです。

つまり、故人の身の回り品を処分したり片付けたりする行為は、相続する意志があるとみなされます。

これも難しい面があり、一方では「常識的な範囲の形見分けは問題ない」とされています。常識的な範囲のガイドラインが明確になっていないのです。

遺族が資産価値はないと判断していても、市場価値がそれなりに見込まれるならば、相続放棄が拒否されることもあります。もし、相続に関して不安を感じのでしたら、遺産整理をする前にプロフェッショナルの弁護士に相談する方が良いでしょう。

相続には3つの方法があります。

1番目は、「相続放棄」です。これは、故人の遺産の全てを放棄すること。相続そのものをなかったものにします。

2番目は「単純承認」です。故人の遺産の全てを故人と同じ立場のまま引き継ぎます。

お金・土地・有価証券、滞納金や借金など、いわゆる負の遺産があれば、それも残らず引き継がなければなりません。

ここで、遺品整理をしてしまうと「単純承認」をしたと見なされることが問題になります。
常識範囲内の形見分けの場合は単純承認に該当しないとされています。

しかし、「常識の範囲」なんていわれても一般人には判断できないでしょう。

これに関してはプロフェッショナルの遺品整理業者でも判断できないこともあります。事前に弁護士に相談するのが一番確実です。

3番目の「限定承認」は、負の遺産以外の財産を相続する方法です。こちらは、現実的な相続方法ではありません。

また、故人が生活保護受給者の遺品整理に関しても注意しなければなりません。

あなたが故人の血縁や大家ならば遺品整理は注意が必要です。

生活保護受給中に死亡した場合は、血縁者が葬儀・住居の退去手続き・相続の継続や破棄を決定しなければなりません。

お葬式代は生活保護の範囲で捻出されることもありますが、市区町村役場に相談しましょう。

相続放棄をする場合の手続き先は家庭裁判所です。放棄すると遺品や退去権限も無効になります。
市役所が遺品整理を代行することになりますが、葬儀や納骨は相続人がすることになります。

逆に相続する場合は、遺品整理だけではなく葬儀の手配・退去の手続きをしなければなりません。
ご自分の不動産に生活保護受給者が入居している場合は、相続人と相談しましょう。また、退去完了してくれる日がいつなのかを決定しましょう。もし、相続人がいない場合は、市役所が遺品整理と退去代行をすることが一般的です。

プロに遺品整理を頼むのでしたら、遺品整理 名古屋市、遺品整理 愛知県などで調べると良いでしょう。

住宅ローンの種類には、さまざまあります。

私も新築 武蔵村山市 住宅ローンや、新築 神奈川市 住宅ローンなどで昔よく調べたものです。

さて、分譲住宅や建売住宅を購入をする際に利用する住宅ローンには、「民間融資」「公的融資」「協調融資」と大きく分けて3つの種類があります。

ここでは、それぞれの特徴について解説します。まずは、分譲住宅や建売住宅を購入する前に、基礎知識として学んでおきましょう。

民間融資

民間融資とは、主に銀行が行っている住宅ローンのことを指します。銀行によりサービスや借り入れの条件は若干異なりますが、一般的な借り入れの条件としては、20歳以上70歳まで、同一勤務先に3年以上の勤務年数があるなどがあります。このタイプの融資は種類が多いので、自分に合ったものを見つけることができます。

公的融資

公的融資は、国や自治体が行っている住宅ローンのことです。

住宅金融支援機構融資、自治体住宅融資、財形住宅融資などの複数の公的融資があります。

このタイプの融資は、税金を滞納していないことや財形貯蓄残高が50万円以上あることなど、いくつかの条件が設けられています。

他のタイプに比べて借り入れる条件が少し厳しく設定されていますが、その分金利が低く設定されています。

協調融資

協調融資は、住宅金融支援機構と民間の金融機関が共同で行っている住宅ローンのことを指します。

金利が一定なので、借り入れから返済が完了するまで利息の額が変動することはありません。

しかし、この融資は一定の基準を満たす建築や住宅などにしか適用されないので、申込者に少し制限がかかります。

このように、住宅ローンの種類によって借り入れ条件は異なります。

分譲住宅や建売住宅の購入後、無理のない返済計画でローンを返していくためにも、前もって各ローンの条件を把握しておきましょう。

金利とは?

金利とは、住宅ローンを借り入れたときから発生する利息のことをいいます。

この利息の額は金利のタイプによって異なります。金利のタイプには、「変動型」と「固定金利型」の2種類があり、これらにはそれぞれ独自の特徴があります。

どのタイプを選ぶかによって分譲住宅や建売住宅を購入した後の返済計画も変わってくるので、しっかり把握しておきましょう。

変動型
変動型は、完済までの間に金利の利率が変動するタイプのことを指します。

市場の状況によって利息額が上がることもありますが、借り入れたときよりも利率が低くなることもあります。元々固定金利型よりも金利の利率が低く設定されているので、利息額の負担を抑えることができます。

固定金利型
固定金利型とは、変動型と違って金利の利率が一定であることが特徴です。
利息額が変わることがないので、完済までの計画が立てやすいという特徴があります。

バッグのクリーニング料金はどのぐらい?

バッグ、お店、料金もいろいろです。

バッグのクリーニング料金を考えるまえに、バッグを購入する価格を考えてみてください。
普通のバッグで数千円から、高価なブランドバッグでは数十万、数百万円まであります。

また、バッグを構成する素材についても革、合成皮革、布、ナイロン、スエード等様々な素材が使われています。さらに、デザインや大きさ、形状、使用用途も違います。さらにバッグを使う一人一人で、付着しているシミや汚れの度合いが違ってきます。

また、クリーニング店によってもクリーニングの技術や方法、作業時間、サービス内容等も異なります。

バッグクリーニング料金は、とても差があります。各お店でもバッグ毎に料金設定の幅があるので、
まずは、各お店の料金システムを把握しましょう。

業者は、クリーニングの基本となる洗い方の中で、各店が技術の向上に努めていいます。例えば、シミ抜き作業が必要でしたら、時間と技術が必要です。色かけをする場合も同じです。

またスタッフ教育など接客業としてのサービス向上に対する努力もしています。
しかし、その熱意の差で、長い間に技術や質の格差が生じています。

つまり、サービス業務に力をいれる、技術や設備にコストをかける、しみ抜きの特殊技術の習得に費用をかける等の、コストをどのようにかけているかにより、クリーニング料金の差が出ているのです。

また、クリーニング料金が極端に安いサービスは、本来行なうべき作業を単純化し、作業に費やすコストを最小限に留めることで、実現している価格です。

お店を選ぶ時は、これらの事を考えて検討してみてください。

バッグクリーニング料金を比べるポイントは、まず、料金表を見るうえで、自分のバッグを確認しましょう。

エルメス・グッチ・シャネル・ルイヴィトン・コーチ等のブランドや商品価格によって、ランク分けしているお店は多く、ノーブランドでもクリーニングうぃ受け付けてくれます。

縦×横×高さ(センチ)やA4・B5・A3などの区分で料金分けもされています。
バッグといっても、ポーチタイプの小さなバッグからゴルフバッグ、ボストンバッグ等幅は様々です。

バッグを構成する素材は様々で、一般的な素材で、表革・合成皮革・スエード・布・ナイロン・ビニールなどがあり、それぞれがコンビになっていたり、部分使いになっていたりします。クリーニングする際に、素材の違いによって洗浄方法も変わってくるので料金差が出ます。

バッグは様々な環境で使用されたり、保管されたりします。

付着する汚れやシミの度合いも違いますし、時間経過の有無によってもクリーニング作業が変わってきます。衣類クリーニングもそうですが、シミ・汚れが付着してから早い段階や繊維等に浸透していなければ、汚れは比較的簡単に取れます。

しかし、時間が経過し、染み付いてしまったもの、日焼け・色あせ・カビ等の変色等は、通常の洗浄では落ちなくなってしまいます。

バッグクリーニングにおいては、それぞれの状態に合う最適なクリーニング作業をして修復していきますので、時間・技術・経験等の料金が加わってきます。クリーニング以外にも、ブランドバックをレンタルできる、ブランドバックのレンタルも検討してみてください。

マットレスを通販で購入する時の注意点とは?

マットレスは決して安い買い物ではありません。一度購入すれば数年は使い続けるので、購入時は慎重になるでしょう。特に、現物に触れることができない通販でマットレスを買うときは、注意しましょう。

「買って後悔しないだろうか?」など、不安になるかもしれませんし、素材の質感や縫製などの品質だけではなく、寝心地や実際のサイズや重量なども気になるでしょう。

大手ショッピングサイトの口コミやレビューを参考にできますが、それでも現物を見ていない不安は拭いきれないと思います。

また、「肌触り」「寝心地」「硬さ」などは個人の感覚なので、ネット内の意見は参考にならないことも少なくありません。

しかし、それでも現在、多くのマットレスが通販で売られています。買った多くの方が満足し、購入したマットレスを納得して使っています。

選び方が難しいマットレスでも、ポイントさえ理解できていれば、後悔しない買い物ができるのです。

通販と言えばamazonを思い浮かべる方も多いと思います。実際、amazonには多種多様なマットレスが出品されています。

大手のマットレスのメーカーから、マイナーなマットレスまで、多くの寝具関連商品が売られています。なので、その中からどのマットレスを選んでいいのか迷ってしまうくらいです。

高反発の『エリオセル®』を使用しているメーカーとして、マニフレックスのブランドがあります。

しかし、通販最大手のamazonでも、すべてのマットレスがいい商品である保証はありません。

その理由は、amazonがマットレスを作っているわけではないのです。amazonはあくまで売る場を提供しているだけなのです。

そこでは、生産国さえ不明なマットレスも多く売られているので、購入する際は慎重な見極めが必要になります。amazonだからと言って、決して安心してはいけません。

マットレスを通販で購入する時のポイント

通販でマットレスを購入するにあたり、確認すべきポイントがあります。

特に重要なのは「返品保証」です。返品保証があれば、購入し、合わなければ返品すればいいだけなので、安心して購入することができます。いわば、寝具売り場での試し寝です。

一定期間、自宅で使ってみて、問題なければ使い続ければよく、合わなければ返品し、全額返金してもらえばいいだけです。これでしたら、買って後悔するリスクはありません。

これまで、肌に触れる商品であるマットレスは返品不可が多かったですが、インターネット通販の隆盛に合わせ返品可が一般的になりつつあります。

しかし、未だに返品を受け付けていないマットレス販売会社もあるので、この点をチェックする必要があるでしょう。また、返品の条件も異なります。

生地が汚れていたり、縫製に不備があるなどの不良品は返品できても、思っていたより重たい場合や、ウレタンの匂いがきつい場合など、個人の主観に関しての理由は返品不可としている場合があります。

一方、いかなる理由であっても一定期間の返品を受け付けてくれるマットレスの販売会社もあります。

通販事業者のウェブサイトに「ご利用ガイド」もしくは「ショッピングガイド」などの項目があり、その中に返品に関する記述があるはずなので、その内容を確認し、返品条件を確認しておく必要があります。